お酒に強くなりたい思いを実現する肝機能向上サプリ

お酒に強くなりたい時に飲んで鍛えれば強くなるという方法は間違いかもしれません。では、お酒に強くなりたい時に薬やサプリで肝機能を補助する方法は効果的なのでしょうか。飲み会や人付き合いで今よりもっと楽しく飲みたい時におすすめの方法を紹介します。

お酒に強くなりたい思いを実現する肝機能向上サプリ > お酒に強くなりたい!薬やサプリ、飲んで鍛える方法はダメ?

お酒に強くなりたい時に飲んで鍛えれば強くなるという方法は間違いかもしれません。では、お酒に強くなりたい時に薬やサプリで肝機能を補助する方法は効果的なのでしょうか。飲み会や人付き合いで今よりもっと楽しく飲みたい時におすすめの方法を紹介します。

お酒にもっと強くなりたい!

「お酒にもっと強くなりたい!」
「遺伝や体質の壁を超えて、もっとお酒に強くなることは出来ないの?」

このように感じている人はたくさんいると思います。お酒に強くなりたい理由は人それぞれだと思いますが、今よりお酒に強くなることが出来れば、

・飲み会でも飲む人に合わせることが出来る
・人付き合いが良い人だと思ってもらいやすい
・たくさん飲んでも酔いを翌日に残さない
・もっと純粋にお酒を楽しむことが出来る

など色々なメリットがありますよね。

自宅で飲む時に一杯で寝てしまって変な時間に起きてしまうという悩みを抱えている人もいるかもしれません。

私自身、お酒が大好きなのに2-3杯でも二日酔いをしやすいという悩みはとても辛いものでした。ビールでもカクテルでもウイスキーでも日本酒でも焼酎どんな種類でもアルコールの後はたくさん水分補給をしないと悪酔いしてしまいがちでした。

でも水分補給をすると翌日下痢になってしまったり、頑張って二日酔い予防をしても頭痛や吐き気に襲われたり。。。胃腸の消化吸収機能が落ちて半日くらいは気持ち悪いままのことも頻繁にありました。

せっかくの仕事の付き合いもお酒が強くないと気乗りしない原因にもなります。

「せめてもう少しでも良いからお酒に強くなりたい」

お酒に強くなりたいと感じている人が、その思いを実現する方法はあるのでしょうか。

アルコールの分解力は生まれつき?

「お酒の強さは生まれつきや親からの遺伝で決まる」
「だからお酒に強くなりたいと言っても無理」

もしかしたらこのような事を聞いたことがあるかもしれません。

お酒の強さを決めている酵素がアセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)と呼ばれる酵素です。

アセトアルデヒドはアルコールが肝臓で分解される時に発生するもので、アルコールの10倍毒性が強く二日酔いの原因となる物質です。アルコールで顔が赤くなるのもアセトアルデヒドの仕業です。

そのアセトアルデヒドを肝臓で酢酸へと分解する酵素がALDHなんですね。

ところがこのALDHの働きの強さは生まれつき決まっていると言われています。しかも日本人(黄色人種)の場合その割合を%で表すことも出来て、ALDHの働きが強い人が50%、弱い人が45%、全くない人が5%と言われています。

残念なことに白人のようなお酒の無尽蔵の強さはほとんどの日本人が持ち合わせていません。

おそらくお酒に強くなりたいと思っている人の多くが45%のALDHの働きが弱い人に当てはまっていると思います。

・ペースをしっかりとコントロールしないと酔いやすい
・2-3杯でも運が悪ければ二日酔いになってしまう

という人はほぼ間違いなく45%に該当する方でしょう。アセトアルデヒドの分解ペースが遅いために、お酒が全く飲めないというわけではないけど、たとえチューハイでもある程度はコントロールしないといけないタイプということが出来ると思います。
(5%はそもそもアルコール度数に関係なく一口で顔が真っ赤になったり飲み会でも全く飲めないタイプです。お酒に強くなるのは諦めるしかありません。無理に挑戦すると急性アルコール中毒の危険も高まるので控えるようにしてください。)

では、お酒は飲んで鍛える努力をすることで強くなることが出来るのでしょうか?詳しくはこちらの記事で解説しています。「お酒に強くなるには飲んで鍛える方法が効果的って本当?

肝機能を高めれば二日酔い予防に

二日酔いやお酒による酔い・紅潮の原因となっているアセトアルデヒドの分解酵素の強さは生まれつき決まっているということでした。となると、ALDHの働きを強くするという方法で後天的にお酒に強くなることは不可能ということになります。

「お酒に強くなりたいなんてやっぱり無理なのかな」

でも、諦める必要はありませんよ。

肝臓で分泌される胆汁には悪酔いの原因物質でもあるアセトアルデヒドの代謝を促進する作用がありますが、この胆汁の分泌を促進することで間接的にお酒に強くなることは可能です。

そして胆汁の分泌を促進するのがウコンにも含まれる「クルクミン」と呼ばれるポリフェノールの一種です。

ところが、ウコンドリンクをコンビニで買ってイマイチ効果を体感出来なったり、ウコンに本当に効果があるのか良くわからないと感じている人も多いと思います。

他にも栄養ドリンクやヘパリーゼ、ノミカタ、しじみオルニチンのサプリやお味噌汁、おつまみなどの食事、飲み物による悪酔い予防も人によって相性があって効果は様々だと思います。

しかし選び方で大事なのはウコンというよりもウコンに含まれるクルクミンの含有量です。クルクミン自体にも肝臓の解毒機能を強化する作用があるし、注目すべきはウコンよりクルクミンの方です。

ウコンには様々な種類があってクルクミンの含有量も様々です。そのことを知ってからクルクミンの含有量が多いウコンを活用したサプリを飲酒前に活用することで、「お酒に強くなりたい!」という思いを間接的にではありますが叶えることが出来ました。

胃腸薬や他の肝臓ドリンクが効果が無かったという時でも、色々なウコンのドリンクやサプリを試していくと自分に合ったアイテムを見つけられるようになるかもしれませんよ。

肝臓の機能をしっかりとサポートしてくれる製品が見つかれば将来の肝臓数値や健康寿命のためにもなります。健康診断でガンマGTPの数値が正常値より高くて心配に感じている方もいるかもしれません。

お酒に強くなりたいというだけではなくて、家族の安心のため、病気になって高額の医療費にかからないようにするためにも意義があります。肝臓は沈黙の臓器と呼ばれるだけに日頃からケアしていきたいですよね。

私は、第3類医薬品のハイチオールCプラス、ミラグレーン錠、牛黄カプセルといった薬に頼るのは嫌だったので、食品であるサプリメントを選びました。

色々な製品を試す中で、私が今までよりお酒を楽しく飲めるようになったクスリウコンのサプリが↓のすこやか工房さんのゲンキウコンです。

ウコンにはどんな種類があるのかなどの情報も含めてクルクミンの含有量が豊富なウコンサプリのページを見てみてください。お酒に強くなりたい方は必見となっています。

飲みの席で先輩や上司、女性社員に配るのも良いし、晩酌の時に夫婦で一包ずつ飲むのも良いですね!
 


 

お酒に強くなった!