お酒に強くなりたい思いを実現する肝機能向上サプリ

お酒に強くなるには飲む量を増やしていく方法が本当に効果的なのでしょうか?飲む練習をすることで肝臓の酵素を増やす方法に頼らなくてもお酒に強くなるには肝機能をサポートする食品やサプリを取り入れる選択肢もあります。

お酒に強くなりたい思いを実現する肝機能向上サプリ > お酒に強くなるには飲んで鍛える方法が効果的って本当?

お酒に強くなるには飲む量を増やしていく方法が本当に効果的なのでしょうか?飲む練習をすることで肝臓の酵素を増やす方法に頼らなくてもお酒に強くなるには肝機能をサポートする食品やサプリを取り入れる選択肢もあります。

飲むとお酒に強くなる?

「お酒に強くなりたいなら飲んで練習あるのみ!」

こんな意見を聞いたこともあるかもしれません。長距離走の練習のように少しずつお酒を飲む量を増やしていくことで、今よりお酒に強くなることが出来るという方法です。

お酒に強くなるにはどんな方法が有効なのか探している方にとっては、最もシンプルな方法と言えるかもしれませんね。

実際、20歳になって初めてお酒を飲んだ日よりも今の方がお酒をたくさん飲めるという人がほとんどだと思います。

体育会系のサークルや会社の飲み会で嫌々ながらもお酒を飲んで鍛えられることになったり、、、

実体験として体感している以上、お酒を飲むことで鍛えられて強くなるという説にも説得力が増します。

少しはお酒に強くなる可能性アリ!

「お酒に強くなるには飲んで飲んで練習あるのみ!」

という方法は実は本当に有効です。

解毒作用を持つ肝臓の”ミクロソームエタノール酸化系酵素(MEOS)”という酵素はアルコールを飲む習慣を持つことで量が増える可能性があるからです。

20歳と今を比べた時に飲める量が全然違うように、毎日努力を積み重ねることでお酒に強くなりたいという思いを実現出来るかもしれません。

今2-3杯しか飲めないなら、最低でも毎日2杯はお酒を飲む習慣を持つようにして、体が慣れてきたなと自然に感じられるようになってきたら3杯にして、また慣れてきたら4杯にしてと量を増やしていくと良いでしょう。

飲んで強くなるのは限界がある?

ただしお酒を飲むことで強くする方法には限界があるとも言われています。

先ほど登場したミクロソームエタノール酸化系酵素(MEOS)が増える量にも限界があるし、30代40代に入って加齢の影響で肝臓の働きそれ自体が低下してこれば、頑張って強くなった分も少しずつ相殺されてお酒に弱くなっていってしまうでしょう。

それに、お酒を飲むことで無理に強くするのは健康的な方法とも言えません。あなたがそれで満足感を得ることが出来れば良いのかもしれませんが、肝臓への負荷と金銭的な負担はお酒を毎日飲み続けて量を増やすごとに積み重なっていくことも忘れてはいけません。

「二日酔いや悪酔いの心配をすることなく、お酒の付き合いでお酒の弱さを理由に遠慮するのはイヤだ。」

こういった本来の動機を満たすためであれば、お酒それ自体に強くなることを目指さなくても肝機能をサポートする成分を含んだ食事やサプリを活用して、一時的にアルコールやアセトアルデヒドの分解作用を高めてあげることでも十分に実現が可能です。

健康的に楽しくお酒を飲むためにはお酒に必ずしも強くならなければいけないわけではありません。クルクミンの含有量が豊富なウコンのサプリなども1つの有効な選択肢として検討していきたいですね。